2018年12月15日

魔界転生

魔界転生、千秋楽、お疲れさまでした!

 

私は大阪の初回と、千秋楽イブに行ってきましたよ^ ^

4時間もの長い上演時間(休憩30分含む)でビックリしたけれど、

中だるみすることなく、ずっと楽しかったなぁ。

 

主演の柳生十兵衛役の上川さん、天草四郎役の溝端くんはじめ、

松平健さんに、浅野ゆう子さん、高岡早紀さん等々、錚々たる顔ぶれなのはやっぱりワクワクするし、

いわゆる2.5の若手の役者さんも、個性派ぞろいでお芝居も間違いない!って人が出演しているなぁと思ったよ。

 

堤監督ということもあってか映像の演出が多かったことと、笑いの要素は、私の好みではなかったけれど、

それでも面白かった!

ザ・エンターテイメント!ですな^ ^

 

上川さんはやっぱりすごかったなぁ。

お茶目なアドリブ可愛いし、ビシッと決めるところの重み・・・そして太刀捌きのスピード、こわっ、すごっ!

 

松健さんもすごい。

刀を持つ立ち姿が、もう絶対強いやつ・・・この人、絶対めっちゃ強いやつ・・・だったよ。

本物だわーと感動しました◎

 

あとは、高岡早紀さん、やっぱり好き。

仕草、立ち振る舞いがとても綺麗で、色っぽくありつつ、凛としているの。

声もいい。

 

素敵な役者さんって、声が魅力的だなぁなんていつも思います。

溝端くんの声もよかったよー


若手の役者さん。


根津甚八役の村井くんが、すごかった!

私、村井くん初めて見たのだけど、なんて芸達者な!とびっくり。

台詞まわし心地よかったなぁ。

あまりに役に生きてて、次、他の作品で出会っても気づけるかしら??とか思っちゃったよ(笑)

一緒に観劇した母親(上川さん好き)も、根津甚八の子、すごくよかったと言ってたよ^ ^


私は、玉城くん演じる坊太郎がとても好きだった。

魔界転生してしがらみから解き放たれて、無邪気な子どものようになってるのがとてもキュートであり、残酷であり。怪しくもあり。

そして、華奢な猫背が切なくもあり。

玉ちゃんの坊太郎、好きだった!!


松田凌くんの主税も真面目で真っ直ぐな感じも気持ちよかったし、

猪塚くんの荒木様も坊太郎がついていきたくなっちゃう頼もしさが伝わってきて好きだったなぁ。



そして、たつなりくんの又十郎。

真面目で素直で、少し頼りないけれど、みんなに愛されてきたんだろうなぁとそんな風に感じる、柳生十兵衛の弟くん。

たつなりくんの、兄上!!!な叫び、たくさん聞いたなぁ^ ^

兄上!!と呼んでる声が必死で一生懸命だけど、真っ直ぐで癇癪的じゃないのが好きだなぁと。


松平さん、上川さん、そしてたつなりくん。

3人だけが舞台上に立つ場面を見た時、うわーうわーと感動しました、えへへ。


変顔いっぱいで、頼りない役柄で。

ビシッとした見せ場がないので、たつなりくんを知らない人達の心に残ってくれるかな??とヲタクは少し心配になりつつ(笑)、

私はたつなりくんの又十郎がとても好きだったよ。

真っ直ぐで、愛されてる感じ、愛おしかったさ!


私は、舞台上のたつなりくんがやっぱりとても好きだなぁと改めて思いました。


FCイベント行けないのは、残念だなぁ…とじわじわきてる、うぐぐ…


次はロミジュリ!

あぁ、チケット、ちゃんと取っておけばよかった、めっちゃ後悔している。

posted by あいこ at 21:03 | Comment(0) | なまもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: