2019年08月23日

エリザベート8/23

78240364-014E-4AF9-824F-0FC0CAB4C45A.jpg

7802C89F-6FF7-4589-9EBA-0FFF0ECE2A99.jpg

エリザベート8/23の昼公演、観て来ました。
最高だった!!
私はこれで見納めです、寂しい。
エリザベート、がっつりはまったよ…
円盤は望み薄かな…来年ツアー、ありますように。今のキャストのままでぜひ。


今日は、花シシィの私だけにで、泣いてしまった…。
シシィの葛藤、決意がすごく伝わってきたの。
花總まりさんの歌とお芝居が、私、めちゃくちゃ好きみたい。

私が踊る時の勝ち誇った…悪女にも見える…でも高貴で美しい…花シシィも大好き。

花總、平方、木村の親子だったのだけど、この3人だとみんなまだ心の奥に普通の暖かい感情が残っている感じで、
何か少し違ったら、仲良し親子になれたかも…って思ってしまって切ない。

たつルド。
今日は、8/12に見た時より、泣き虫で感情豊かなルドルフだったように思うよ。

独立運動に失敗し、名を問われる時、ルドルフ………ハプスブルク…の、
ハプスブルクが心の叫びだった。
間も長めで、ルドルフの失敗してしまった…という気持ちがビシバシ伝わってきて切なかったよ。

私、独立運動の時のたつルドがめちゃくちゃ好きなんです。
椅子に座ってる時の足の角度、歌声、ハンガリー国王!の時の表情。
そして、王冠を待つひざまづく姿の美しさ。


父上…も這いつくばって涙声だったし、
ママ鏡も、涙、涙だった。
ママも僕を見捨てるんだねは、小さな子どものようだった。

そこからのマイヤーリンク。
たつなりくんのダンス、懸命で、がむしゃらで、飛び散る汗が美しくて、めちゃくちゃ刺さったよ(;ω;)
映像にして欲しい。

拳銃を受け取る前、受け取った後、そしてキスの後、じっと幼い子どものような、どこか縋るような表情で、古川トートを見つめていて…
死を請うように見えたな…死は、たつルドに一時の安らぎを与えてくれるかなぁと思った。
前回見た時は、虚ろだったので、死に吸い寄せられた感じだった。


闇広。
我慢できない〜が、音を上げるバージョンだった!!
聞いて、胸が震えた…めっちゃよかった(;ω;)
最近、全然上げるバージョンをやっていないようだったので、封印かな?と思っていたのだけど、聞けて、本当にうれしかった^ ^
我慢できないからの王座!!最高だー


たつなりくんの顔も骨格も声もお芝居も…全部好きだから、困ったな(笑)


(追記)
そうだ、ゾフィーの感想、書いてなかった!

8/12に剣さんゾフィー、
今日、涼風ゾフィーを観て思ったこと。

剣さんゾフィー。
厳しくもきちんと国のことを考えている、そして、フランツのこともルドルフのことも考えていると思うようなゾフィーだった。
だから時々、シシィに、あなたワガママが過ぎるわよ?と思ったりもしたな。
冷静に、冷酷に、の言い方がクセになる( ^ω^ )

涼風ゾフィー。
エゴイストで意地悪姑感がある。嫁姑の戦い。
冷酷に!は、ビシッと鞭を打つよう…こわい。
でも、なんかキュートというか人間味たっぷりなの^ ^
涼風ゾフィー、演技が結構コメディ寄り(アニメっぽい?)に感じて、面白かった。

香寿さんも見たかった!!


書き足りてない木村ルドルフのこと。

8/12に見た時は、虚無を感じたのだけど、その時は、闇広でトートを見た時、怪訝な顔をしばらくして、あぁ…って感じで。
友達を忘れはしないと歌うけど、忘れてはいないけど、忘れて、強くあろうと小さな頃から努力し続けてきたんだなと…。
マイヤーリンクでも、トートは友達というより死。

そして今回の泣き虫なルドルフの時は、闇広でトートを見た時、あっ、友達だ…ってすぐ思った顔をしていたように思う。
マイヤーリンクでは、トートは友達であり死。

たつなりくんのお芝居、全部繋がってるんだなぁ、好きだなぁ。


好きな組合せで観れるとしたら(どのキャストさんもよかったけれど!)、
花シシィ、井上トート、フランツ(選べない)、成河ルキーニ、剣ゾフィー、木村ルドルフ、陣子ルド、
を選ぶかなぁ^ ^

と書きつつ。

ゾフィーも子ルドも、観れてないキャストいるし…
ルドルフもだけど、私はたつなりくんファンなので(笑)
でも、キレキレのターンのPV見て、三浦くんのルドルフも気になってるよ^ ^
もちろん大我ルドも。

フランツは、平方さんも田代も、役作りは全然違うように感じたけど、
どちらも大好きだったので、選べなくて…
交互に見たい感じだよ。

それを言うなら、全キャストさん、交互に、いろんな組合せで観続けたいんだけどね、えへへ。

エリザベート、楽しかった!!
posted by あいこ at 18:42 | Comment(0) | なまもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: