2019年12月16日

ファントム

ミュージカル「ファントム」、たつなりくん、千穐楽、おめでとうございます!

そして、お疲れ様でした。

カンパニー全体としては、今、大千穐楽の真っ最中ですね。

最後まで、走りきれますように。



昨日、たつなりくんの千穐楽、カーテンコールで、やり切った笑顔で登場する姿を見て、涙腺がゆるゆるだったよ。

ほんといい笑顔だった!!


千穐楽の挨拶もさせてもらえ、

エリック&クリスティーヌ2人のトリプルカテコにも登場させてもらえるなんて、幸せだねぇ^ ^


たつなりくんの千穐楽の挨拶は、「感謝」でした。

廣瀬さん(ヒロくんって呼んでた)昼公演で疲れているのに、シャンパングラス投げを客席の階段のところで見守ってくれたこと、

馬鹿な自分をカンパニーの皆さんがかまってくれたこと(それを聞いてるカンパニーの皆さんの笑顔の優しいことよ!)、

城田さん(ここは優くんじゃなく、きちんと挨拶仕様で呼べた)が最後まで諦めずに見守ってくれたこと。

ほんと感謝しかないって^ ^


トリプルカテコでは、城田くんのマントから、子エリックの大前くんと、バサッと飛び出てきて、びっくり!嬉しい!!めっちゃ可愛い!!!でした。

城田くん、めっちゃ大きいから、たつなりくん達隠れてるの、全然気づかなかった(笑)

子エリックは、ちゃぴさんとハグ、

たつなりくんは、城田さんとハグ。


たつなりくん、ほんとやり切った素敵な笑顔だったし、

緞帳が降りる下の方までかがんで手を振ったりもうもう可愛いのかたまりで私は顔が緩みっぱなしだったよ( ^ω^ )


たつなりくんの舞台を観た帰り道は、ホントいつも幸福感でいっぱいで、観に来れてよかったなーって思うのです。

これって、ほんとに幸せなこと。


今年はロミジュリ、エリザベート、ファントムと大きなミュージカルに3本出演して、とても大変だったろうなと思うけど、

どの作品も、脚本、演出、出演者が素晴らしくて、チケットも即日完売で

そんな作品に出られたたつなりくん幸せものだねぇ^ ^

もちろん本人の努力もあることだけど、それだけでは、どうにもならないこともあるもの。



ファントムでは、すごく悩み、落ち込んだみたいだけど、

演出の城田くんが見守り、導いてくれたようで、どうもありがとうございました。


Wキャストの廣瀬さんにも、とてもよくしてもらったみたいで^ ^

廣瀬さん、大人の色気があって、スマートで、ユーモアもあって、絵心とか芸術面の才能も豊かでそりゃ、憧れちゃうよね、たつなりくん(笑)

完璧な廣瀬さんのシャンドン伯爵がいたから、すごく悩んだだろうし、何とか自分のシャンドンを見つけようと足掻いたんだろうと思う。


いろんな人に見守られ、導かれ、そして自分で考えて、悩みながら作り上げたたつなりくんのシャンドン伯爵。

キラキラ眩しくて、素敵でした。


ファントムをやり終えた後の作品が、とても待ち遠しくて、楽しみです。




ファントムの内容、出演者のことを少し。


ファントムは、かなり昔、宝塚の宙組公演を観たことがあったのだけど、すっかり記憶が抜け落ちていて

和央さんエリックとまりさんクリスティーヌが大変美しい、

キャリエール、ひでぇ、諸悪の根源!

クリスティーヌ、ひでぇ

ということしか覚えてませんでした。



城田さん演出のファントムは、人の気持ちを大切にしているなと感じたな。

登場人物の気持ちがよくわかるので、ストーリーにも入っていきやすかった。


きらびやかさはなかったけど、その分リアルだった気もする。


城田さん演出のファントム(エリック)は、

寂しい地下に住み、孤独で、美しいもの、そして何より音楽を愛する不器用な人だったよ。


そんなエリックが、クリスティーヌに出会うと、そりゃああなっちゃうよね。


クリスティーヌ演じる、ちゃぴさん、はるかちゃん、2人とも、本当に素敵で、大ファンになっちゃったしな^ ^

歌声もダンスもすごい!!!

(ロミジュリ、エリザでも素敵だなーと思ってたけど、更に)


あっ、エリック演じる加藤さん、城田さんもどちらも良かった!

私的には、かなり不器用で、ピュアな加藤さんのエリックが好みではあったけど、

(加藤さんエリック、仮面を外した時、子供のように信じ切った笑顔でクリスティーヌを見るんだよな切ない

城田さんの、自尊心が強くて、顔が醜くなかったら、プライド高く麗しいオペラ座の支配人兼歌手になったんじゃないかな??と思わされるエリックも切なかった。



城田くん演出のファントムは、エリックもクリスティーヌもキャリエールも。

みんな良いところはあるし、みんな酷いところがある。でもそれが人だし、仕方ないから、切ないって思ったな。


シャンドン伯爵は、内面が全然描かれてないので、深く考えるのか難しくあった気がする。

ビストロの場面、可愛かった!とか、

ララランド、歌声素敵、ステップ軽やか、もう可愛いしかない!とか、

エリックとの戦いの身のこなし!などとの感想は出てくるけど、

なかなか内面の深いところまで、思いを馳せるのが難しい。

たつなりくんは、心の流れを大切に演じてる人なので、この点からも、シャンドン伯爵を演じるのは、難しかったかもしれないな。 


でも、キラキラ眩しくて、エリックと対になる素敵なシャンドン伯爵だったと私は思うよ。



最後に行った日のキャストボードを。

0C50A8C2-C235-4AE8-9170-F55FB3B0F38E.jpg12/7マチネ(前から2列目でドキドキ)、


E52F8F67-A7BE-4E97-B4C4-16929AC29BC8.jpg

12/8ソワレ(たつなりくんのお誕生日!この公演は後ろから2列目(笑)加藤さんの千穐楽、スペシャルカテコの日でもありました


B5A62329-7697-4361-ABAF-EF0164277A65.jpg

12/11ソワレ(14列目目の前をたつなりシャンドンが通り&立ち止まり、美しさにクラクラ。城田さん、ちゃぴさん、はるかちゃんのアフタートークもあったよ)


4427DB4D-3312-44B4-9557-388282428DB8.jpg

12/15ソワレ(たつなりくんの千穐楽!!感無量。3階の1列目でした)


合計4回、ずっと楽しかったです!

posted by あいこ at 13:12 | Comment(0) | なまもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: